NorthSmileは北海道の観光情報サイトです。

十勝平野(TOKACHI HEIYA)



「北海道」と聞いてみなさんはどんなイメージを思い浮かべますか?

「海に囲まれていて海産物が豊富」

「食べ物が美味しい」

「自然豊かで広々とした大地」

など様々な意見がある事かと思いますが、ここ十勝はまさに『自然豊かで広々とした大地』を象徴するようなエリアで、たくさんの農作物や家畜が育てられている北海道の農業を代表する場所となっています。

海こそないですが山・大地の恵みでこれまで発展してきました。
この記事ではそんな十勝を象徴する『十勝平野』について、見どころや楽しみ方について解説していきます。

 

1,十勝平野は東京23区約6倍の面積‼️『十勝』の名前の由来は?



東京23区の面積626.7平方キロメートルに対し十勝平野はおおよそ6倍の約3600キロメートル!!
『十勝』の名前の由来はアイヌ語で「乳房」を意味する「トカプチ」からきてると言われています。
なぜ「乳房」から取られたかというと、十勝川の河口が乳房のようにふたつに別れているため、そこから取って名付けられたのではないかとされています。

十勝に限らず北海道は変わった漢字の地名が多く、そのほとんどがアイヌ語に漢字を当てたものです。
初見の漢字はそのまま読めないものが多いのもアイヌ語に関係していたからなんですね♪


 

2,花時計『ハナック』が可愛い❣️十勝が丘公園



直径18m!秒針の長さ10メートル10センチもの長さを誇る『ハナック』が出迎えてくれる広い十勝を象徴するような『十勝が丘公園』。
『ハナック』の名前の由来は憶測ですが『花+時計(クロック)=ハナック』と言ったところでしょうか?

十勝が丘公園の園内には広々とした芝生公園もあり、春〜秋にかけてはピクニックも楽しめます♪
炊事遠足広場や多目的広場など、その他のスペースも充実。

また、4月上旬から10月下旬にかけては足湯も開放されていて花時計『ハナック』を眺めながら『モール温泉』の保湿・すべすべ効果を楽しめます!しかも無料!

 

基本情報
【住所】北海道河東郡音更町十勝川温泉北14丁目
【電話番号】0155-32-6633(音更町十勝川温泉観光協会)
【アクセス】道東道音更帯広ICから国道241号・道道73号経由20分


 

3,ひろ〜い十勝を見渡す『十勝が丘展望台』。嬉しいドリンクサービスも♪


▲冬の十勝が丘展望台からの眺め

十勝が丘公園を上がっていくと『十勝が丘展望台』に着きます。
北海道を象徴するような果てしなく続く十勝平野と悠々と流れる十勝川を眺めることができます。

遠方には日高山脈が見え夕日が綺麗に見えるスポットとして人気です。



十勝が丘展望台にある『トカプチ雄大シーニックカフェ』では、パラソルと円卓が用意されていて、コーヒーやお茶を無料で提供してくれます。

※雨天時や強風時は急遽中止となる場合がございますので、事前にお電話などでご確認ください。

 

基本情報
【住所】北海道河東郡音更町十勝川温泉北14丁目4
【電話番号】0155-32-6633(音更町十勝川温泉観光協会)
【開放期間】4月下旬~10月下旬の土・日・祝日
【利用時間】10:00~15:00
【アクセス】道東道音更帯広ICから国道241号・道道73号経由23分



4,十勝平野近辺で体験したいアクティビティTOP5!



農業地として有名な十勝平野ですが、先述した通り東京23区の約6倍もの面積がありますので、自然を楽しめるアクティビティも豊富なんです。
ここからは十勝で体験しておきたいアクティビティをランキング形式で紹介していきます!

 

4-2,【第5位】パラグライダー



5位にはパラグライダーがランクイン!
十勝でしか感じられない圧倒的スケール感を楽しんでください♪

離陸後は両手が使えるため、『空から十勝平野を撮ってみたい』という方は特にオススメです。

 

4-3,【第4位】川釣り



海こそない十勝ですが、川があり川釣りを楽しむことができます。

自然豊かな十勝では一年間を通して釣りを楽しめます。
十勝川の下流ではアメマス、源流部ではオショロコマやイワナなど。

1年間で50日と開放期間は短いですが、十勝に来たならここでしか出会えないオショロコマの亜種『ミヤベイワナ』が釣れる『然別湖』での釣り体験はしておきたいです。
 

4-4,【第3位】ラフティング 



十勝川を降る『ラフティング』が3位にランクイン!
同乗者と協力しながら川を降るラフティングはチームワークが試されるスポーツです。

春は雪解け水が川の流れを速めて特にスリル満点です。
万が一川に落ちてしまっても、同乗のインストラクターが助けてくれるから、子どもも安心!

 

4-5, 【第2位】ホーストレッキング



2位はホーストレッキング!
十勝の原生林を楽しむホーストレッキングは旅の思い出になること間違いなし。
『帯広競馬場』がある通り、元々馬との関わりが根深いこともあり、乗馬体験できるスポットが充実しています。
冬でも乗れる所多数!せっかく十勝に来たなら乗馬を楽しもう♪
 

4-6,【第一位】熱気球



十勝平野を一望できる熱気球はとても人気!
ガイドさんが説明をしてくれるので十勝平野を10倍楽しめる!



早朝に行くと(午前5時半頃が目安)実際に熱気球が膨れるまでの過程も見れます。
雨でも楽しめるけど晴れた日の景色は特にオススメです。

※強風などで中止となる場合があります、事前にご確認の上、ご利用ください。

 

5,十勝エリアのオススメグルメ三選



ここからは十勝・帯広エリアに来たならぜひ食べたいご当地グルメを紹介。
この記事を参考に十勝を食べ尽くしちゃおう!!!


5-2, 豚丼



豚丼は帯広で市民に長い間親しまれてきた帯広のソウルフード。
グリーンピースがのるのが帯広豚丼の特徴と言えます!

どのお店もこだわりのタレを使用しています。
『ぱんちょう』『豚丼のぶたはげ 本店』などが人気店となっていますが、平日でも長蛇の列ができて、1時間待ちなんて場合もあるので、要注意!


 

5-3,乳製品(チーズ、バターなど)



十勝平野では数多くの牛が飼育されています。
果てしなく広々とした大地、綺麗な空気、美味しい水で育った牛から採れる牛乳は本当に美味しいんです!

そんな牛乳で作ったチーズ・・・あとは語らなくとも伝わりますよね?(笑)


 

5-4,野菜



十勝と言えばなんといっても『野菜』が新鮮で美味しい、しかも安い!
道の駅などで売られてる野菜はどれも新鮮で『この値段でいいの?』と、目を疑うほど。
十勝では野菜を楽しまなきゃ損です。


 

まとめ



大地の恵み・自然豊かな十勝エリアは道外の方が想像する『北海道らしさ』そのものかも知れません。
熱気球から見渡す果てしない大地は異国感すら漂わせます。大自然の中を馬と散策するホーストレッキングも見逃せない。

アクティビティもグルメも豊富な十勝を遊び尽くそう!!

 

詳細情報タイトル

店名
十勝平野(TOKACHI HEIYA)
エリア
帯広(十勝)
カテゴリ
パワースポット
ジャンル
絶景スポット,農業,自然
住所
十勝地方

※営業時間・定休日等はお店の都合により変更される場合がありますので、直接ご確認ください。

こちらもおすすめ

【札幌市中央区】「北海道に居ながらプチ京都旅行気分♪」
札幌伏見稲荷神社 (SAPPORO FUSHIMIINARI JINJYA)