NorthSmileは北海道の観光情報サイトです。

神仙沼(SHINSEN NUMA)



日本ボーイスカウトの生みの親として知られる下田豊松一行が昭和3年にニセコ山系に青少年の心身修養訓練道場の候補地を求め、散策中に発見された沼で、「皆が神、仙人の住みたまう所」という印象を受けたことから命名された沼。静まり返った沼に映し出される景色は一見の価値あり。周辺は高山植物やアカエゾマツに囲まれており、紅葉スポットとしても人気がある。


 

神仙沼のアクセス・行き方



神仙沼の最寄り駅は函館本線小沢駅(こざわえき)になりますが、神仙沼までの距離は約30kmもあり、徒歩での移動だと約6時間かかる計算になるため、車での移動が基本となります。小沢駅から北海道道604号線を使い、その後北海道道66号線(ニセコパノラマライン)を使用し、向かいます。道中峠道となり、旧カーブなどが続くため、運転にはお気をつけください。


 

”黄金の絨毯”とも呼ばれる紅葉にも注目



毎年9月下旬〜10月上旬にかけて周辺のアカエゾマツやダケガンバ、ナナカマドなどが色を付け紅葉を楽しむことができます。
黄金の絨毯は入り口から15分ほど歩いた先にある湿地帯で見ることができます。


 

『#神仙沼』みんなの投稿

 

詳細情報タイトル

店名
神仙沼(SHINSEN NUMA)
エリア
小樽・ニセコ(後志)
カテゴリ
パワースポット
ジャンル
沼、湖、観光、ドライブ、穴場、紅葉、自然
住所
北海道岩内郡共和町前田
アクセス
小沢駅から車で30分
駐車場
無料/80台
営業時間
24時間
電話番号
0135-73-2011

※営業時間・定休日等はお店の都合により変更される場合がありますので、直接ご確認ください。

MAPタイトル

こちらもおすすめ

【蘭越町】 「大地に満ちる天然の湯、それは豊かな自然の恵み」
交流促進センター 雪秩父 (KOURYU SOKUSHIN CENTER YUKICHICHIBU)